FC2ブログ

Wolf in Sheep's Clothing

遂にやってきました!
こっちに上げるの忘れてましたw;
上げておかないとね^^
たまにはついったのログ以外のものも更新しないと。
まあ、大体のひとはここじゃない場所の
レポを既に読んでいるのでしょうけどw
なので、ほぼ被っています。




一言で云おう!




死 ん だ 





色んな意味で。

凄かったですよーホント。
撮影時間は7時間30分位。(長っ)
撮影当初は、
割と固定イメージでカチカチ撮って行くから
あんまり時間かかんないよねえ^^って
ユッーキーさんと話していましたが
始まったらこれもやろうあれもやろうと
場面チェンジをいっぱいして
夢中になって撮影していましたwww
お互い疲弊しまくっていたので最後はホントに死にかけでした。
精魂尽き果てた。。すんごいぐったりして
翌日眠いわ躰痛いわ手の塗料染み込んでるわで。。w

ちょこっとピックアップして送って貰ったので
UPしておきます。


2011.08.21
Romancing Sa・Ga3
四魔貴族 魔龍公ビューネイ
photo:ユッーキーさん
byunei1
公式のドット絵意識。


byunei2


byunei4


byunei3





※この後はグロテスクな表現があります。
※苦手な方は見ないで下さい。
この表現を行うにあたって
ゲーム中では表現されていませんが
キャラデザインが美しかろうが、格好良かろうが
ボスはボス。
主人公達が戦って、倒してこそ価値が出る存在なのに
綺麗に澄ましているだけじゃおかしいとずっと思っていました。
敵は戦って負けないと。



なので、


思いっきり、やりました。

byunei5


byunei6


「私はムシけらに倒される定めなのか…」

敵は主人公に倒される為に存在する者。
例えどんなに強く魅惑的な存在でも「死」は切り離せません。
作中で具体的に描かれていない部分をイメージし
本編で発する、彼女の憂いを秘めた言葉を表現しました。
過激なヴィジュアルでありながらも、
自分を自嘲気味に嘲笑ってしまう
その悲しい胸の内を汲み取って頂けたら嬉しいです。

しかし、本当に手応えのある撮影でした。
自分たちの疲労を忘れるくらい没頭したので
疲れも凄いけど、ビューネイでこれ以上のものは
もう撮れないんじゃないかな!
やり切った感たっぷりでした♪

龍も初の造形でしたが、余裕を持って
ちまちま作って行って、
×3頭 という数字にもめげずに頑張って作りました♪
(本当はちょっとめげたけどw)
今回は赤い人wは完全に脇役です^^ 存在感薄い^^^^

これが全力で挑むの極み!!楽しかった!
お疲れさまでした!

撮影前は減量もだけど、当日の体力づくりも必要だと痛感。。!!
撮影ダイエット。。。恐るべしです。。。
スポンサーサイト



コメント


この記事に対するコメントの投稿