FC2ブログ

Wolf in Sheep's Clothing

今日は

こちらにまともな?日記を書いちゃおう。

SNSについて。

文章をまとめる気はありませんので

ご承知くださいまし。

ダラダラ書いてます。



ダラダラのお詫び?に

アウターゾーンのミザリィを貼っておきますw

カメラの設定を変えていますが

色調強めの方が何だかムーディで誤魔化しが効いていますねww













利便性とはかけ離れた誰得機能を搭載し過ぎて

挙げ句あぼーんしている

迷走っぷりが甚だしい某巨大SNSですが

SNSの恩恵無くしては知り合えなかった貴重な交友関係が私にはあります。



ここでは省略しますが

嗜好が少数民族だったりすると

なかなか実生活で同志に巡り会うことがなく

しかもそうそう拡声器のように吹聴するようなことでもないので

その確率は異常に低くなります。



今となっては業者や怪しい人たちも紛れ込んでしまっていますが

始めた当初は純粋に出会えたことを喜んでいました。



現在、私と繋がりのある方は

・SNS以前からの関係

・SNSで再会した関係

・SNSのみの関係

と、闇鍋の如くカオスな状態です。

ですが、私の中できちんと共通点はあって

有意義に会話(意見)を交わせる

と云うことです。

嗜好も出会った時期も何もかもがバラバラですが

それでも自分にとって、

ぴしゃりと意見してくれたり、喜びを分かち合えたり、馬鹿なことをいってふざけあえたり

「嗜好」だけに留まらず、もっと本質的・感覚的に近いと思える人たちの存在は

本当にかけがえのないものだと思っています。

直接会った事の無い人でも、不思議と絶大な信頼を抱いているひとも居たり。

不思議だけれど大切な空間です。





と、私はそんな使い方をしています。

棲み分けられたドライな使い方ではなくて、ウェットな密着型の使い方ですね。

最初はもう依存度が高くて酷かったですw

最近は毎日更新こそできませんが、

本音を出せる空間には変わりありません。







時々ニュースになったり、周りでも耳にしたりすることがありますが

SNSがきっかけで知り合った・付き合った・結婚したと云うことも

大いに結構なことだと思うのです。



きっかけはきっかけに過ぎない訳ですし

いつまでも、何年も「きっかけ」をどうこう言い続ける方がナンセンスだと思うのです。

きっかけより後に、互いを理解しあおうとする関係をしっかりと築けたなら

素晴らしいと思うのですよね。

手の届く実生活では到底見つけられ無い関係に巡り会えて

その関係が発展できた訳ですから。





なので、SNSで割とありがちな

自分にとって都合が悪くなったから

切り捨てたり、リセットしたりする方法も

時として避けられないことも有るかもしれませんが

「リセット」できることが大前提になってしまい

ひととコミュニケーションを取る時に必要な配慮を欠いてしまうのは

いかがなものかと思うときがあります。



先日、人づたいにですが「イヤになったら切れば関係ないし」

と云う言葉を聞いて、

確かにその通りなのかもしれないけれど

それが主となってしまうのは

凄く寂しい考え方だと思いました。

でも、不思議なことに

「イヤになったから切る」と云うスタンスの方が

意外と何度も登録したりと依存度が高い気がします。

本当に絶望するほどイヤになったら二度と関わったりしたく無いし、触れたくもない筈ですもの(^ω^)

人間の心理って不思議だなあと思います。

良い意味でも、悪い意味でも期待せずには居られないと云うことなのでしょうか。。







兎も角、早く復旧して頂戴よ。

mクシィさん(´∀`)















スポンサーサイト




コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://haruqui.blog39.fc2.com/tb.php/228-d800baa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)