FC2ブログ

Wolf in Sheep's Clothing

Category :  音楽・ライブ
tag :  ライブ レポ
夢にも見なくなるほど、長い時間が経ちすぎていて
情報を見たときはにわかに信じられませんでした。

私の青春がぎゅっと詰まったGuniwToolsのメンバーが三日間限定ライブを3人揃ってしてくれたのです。
私は昨日の最終日名古屋公演に行ってきました。
グニュウとしては13年ぶり、3人で揃って演奏するのは16年ぶり。
3人の頃、私は中学生でCDと映像作品しか手が出せず県外までライブ遠征できなかったので、
3人編成のグニュウを見たのはこの日が初めて。
(うっかりデビルカッターも入会していたのにライブに行けず、ライブに行けたバンド後期は2人編成だった)

最前列下手のあさきちゃんと古川さんの間に居られたので、MCと頭からつま先まで一挙一動までじっくりと堪能しました(`・ω・´)
最前からの古川さんのアングルはぬーききの時を思い出した。。w
入れ替え中の機材セッティング時から長年の夢がこれから。。!と思ったら、嬉しくて嬉しくて、始まる前からボロボロ泣いてしまったので色々フッ飛んでます。
他のファンの方もみんな泣いてた(´;ω;`)…
そりゃそうよ…グニュウの復活はあるかもと思っても、脱退したメンバーを交えて全員揃ってステージに立ってくれるとは思ってないですもん…
(叶わぬ願いとして口に出すこともしなかった)
演奏中も泣きまくって、つけまつげが半分ずつはがれてしまいピロピロしていたのがちょっと気になりましたw
やーね、速乾性&強力なフィクサー使ったのにぃ/////


LIVE自体を後から知った、SOLDOUTで行けなかった方も
お友達に居るのでおすそわけの意味も込めて。
できるかぎり思い出してがんばってかきました♡
どぞ〜*^ω^*
20131221
SHILFEE AND TULIPCOROBOCKLES + Jake + Asaki
“seed than name”
at栄ROXX

01.頭上の石
02.It's Usual
03.未練は思い上がり
04.From the Inside
05.傘さす事の歓び
06.Hands
07.ヨモギの心
08.香風積
09.Fade Story
10.Either Wise Or Fool

EN.Fancy Pink


MC(思い出しながら書いたので順不同 口調まではご容赦ください)

・あ「未練のPV最後の油絵はどうしたの?フルフル持ってるの?今なら価値が出てるんじゃない?」
古「僕持ってないよ。あれを描いた友人が多分持ってると思うけど」
J「僕をモデルに描いて展覧会に出展して、それで賞を取ったみたいだから、そっちの意味で価値は出たみたいだけど。」
古「結構大きかったよね。100号近いんじゃない?」
J「原寸大くらいはあったと思う」
あ「ヤフオクにだせば高値になるんじゃない?(・∀・)ニヤニヤ」
ヤフオクごり推しするあさきちゃんwww

・古川さんが鈴を手に持っていてHandsの時にしゃんしゃん鳴らしていた。調度鈴が当たる部分のコート(ベルベット)が毛足が無くなっていて相当しゃんしゃんしたコートなのだなと感慨深くなる(´;ω;`)

・あ「誰!差し入れたの!駄目でしょ甘いもんあげちゃ~!」
差し入れは小さな5個入りシュークリームだったそう。
古「どうせなら6個入りが良かった」

・新幹線に乗る時にそのシュークリームと飲み物を持ち込もうとする(←お弁当のかわりのシュークリームだもん)と、あさきちゃんから駄目って云われてしょんぼりする古川さん。
良いじゃん小さいしグラム数的に大丈夫でしょ〜、と反論するもののあさきちゃんは「ダメ」って表情で笑ってましたw
何度もニヤニヤしてたな。。w

・あ「1992-1994って実質prototype2でしょ?。1はまだあるの?」
古「あるんだけどマスターがね…もうヤバイ。飛び飛びでしか見れないよ。」
※※※プロトタイプ1は去年限定発売していたことがライブ後に分かりました。※※※
ライブ会場限定で発売していたようです。。orz
詳細はJakeさんのHP cloudchair official websiteをチェック。
http://www.cloudchair.net/release/prototype-one-guniw-tools/
受注生産でもういちど是非。。!!!ほしいよー

・メジャーになってから三人揃ってのライヴは数える程しか無かったのに
こうして三日連続(リハ入れると四日)顔を合わせてるなんて凄いよねと云う話になる。
あ「新幹線だって横に3人並んで座るの初めてだったよねw」
古「レアだよね~。禁煙車両になったからだねw」
(当時は全ての新幹線に喫煙車両があったため、ばらばらの席だったのでしょう)

・あ「今回のリハ、全く自主練せずに臨んだんだけどさ、結構覚えてて、ああ俺の始まりってここからだったよな〜と思い出しました」
私(´;ω;`)だばぁ

・最後の三人グニュウ名古屋公演は勤労会館だそうです。
あ「まだあるの?あそこは開かずの扉があって何重にもぐるぐるに封印されて開けない状態の所があるんだけどどうなってるんだろうね」

・東京MCであった駅弁話について何故かあさきちゃんのついったに古川さんが何を食べたのかという質問が殺到したそうなのだけど、古川さんがあっさりカツ弁当と答えた。(悩んだもう一つはそぼろだったかな)
あ「アナタはお花畑に居る妖精なんだから、そういうことをすんなり答えちゃ駄目!」

・妖精古川さんも、ライブ後半で暑くてコートを脱ぐ。妖精も汗をかくらしい。
でもお顔はリアルドールスキンで相変わらず綺麗だった。唇は色付きリップしてたかな。
あさきちゃんもトゥルトゥル毛穴レス。ツヤツヤすぎて嫉妬。10以上年上なのに。。ぐぬぬ
Jakeさんはおヒゲでセクシー&エロスJakeマンだった。相変わらずスリムでスタイル良すぎた。。
皆歳ごまかしているか、物の怪の類だよ…あ、妖精か。

・ヨモギの心に入る前あさきちゃんが「名古屋って何が有名?」と聞いて「ヨモギの○○」と返ってくるのを期待したけどぐだぐだになる。結局「良薬口に苦し」でヨモギの心に入る。
曲に入る前のあさきちゃんの喋りでぐだぐだになることが何回かあって、Jakeさんが「曲に入りづらい」って何回か云ってましたw
最後のほうは「終盤なんだから…締めようよw」って笑ってたw

・あさきちゃんは昔の自分disが多くて(照れてるだけだと思うけどw)「ヨモギのPVのアイツ(あさきちゃん)むかつくわー金髪なのにまゆ毛が黒いってどうなの?投げキスとかしてたよね?若気の至り恥ずかしいわー」ってしきりに云っていた。
(そんなことないよーカッコイイのにーって目の前で云ったら「ニヤッ」ってしてたwww素直な反応かんわいいwwwww)

・古川さん「半世紀生きて(!!)先日健康診断へ行ってきました。寝ずに。約束の時間に寝坊して遅れそうだったからなんだけど。そしたら肝臓で引っかかって再検査になっちゃって。でもちゃんと寝てれば問題なかったと思うから再検査は行ってないです(なぞのニヤリ)」
古川さんにはPVのしわくちゃおじいさんになるまで。。長生きして欲しいので、健康第一でいてください(´;ω;`)甘い物食べられなくなっちゃうよ。

・古川さんが「一寸とかいてちょっとと読む。頼み事をされる時に『ちょっと…してほしい』っていうじゃない。あれがちょっとであった試しが無いんだよね〜。よくない。全然よくないですよ。」って云っていた。
凄く分かる。作って欲しい・手伝って欲しいとか色々あるだろうけど、大抵相当な労力が必要。
ほんの些細な言葉なのだけど、「甘え」や「人に物を頼む」意味を考えていない人がよく口にしている(口癖になっている)し、頼まれ事は責任もって引き受けたいからこそ私も苦手な言葉だなあ。。ストレートに「やってー!」の方がきもちいい。

・EN時、Jakeさんはジャケットを脱いで登場。スタイルいいなぁ。。!昔に比べて表情が柔らかくて穏やかな印象があって凄く和みました*^ω^*
古川さんは眼鏡を外して、左目下に白いフェイスペイントをしてきた。きょろきょろ動く目が見える。。!
あさきちゃんがロックっぽく椅子に脚をかけてイエーイ!ってした後に、もう一回スピーカーに足をかけてファンを煽る→古川さんもつられて足をかける(しょうがないな。。って感じでw)→Jakeさんも!みたいな空気になったけど、J「慣れない事すると足攣っちゃうからヤダよw」→曲に入る→Jakeさん、曲中にしれっとスピーカーに足をかけるwww→足長すぎて余裕だったw Jakeさんクール(*´∀`*)カッコイイ////

・最後はける時にあさきちゃんが古川さんに握手を求める→ジェイクさんにも→握手したままもだもだしながらステージの後ろの方に3人とも下がるww(気恥ずかしい?wすっごいかわいかった)→そのまま三人で手を繋いだまま並んでバンザイをする。今度はドラムとか連れてまた来ます、と古川さんが云って退場。



好きなバンドのメンバーが、16年の年月を経て同じステージに立って演奏する様子は目の前で見ても信じられない喜びでいっぱいでした。これが夢心地か。。
ボーカルとギター二本と云うシンプルな構成でありながら、多様な楽器のメロディをアレンジして加えていて
(CDでは他楽器パートも今回はギターに組み込んでカバーしていた。尋常じゃないよ)
あさきちゃんもJakeさんもグニュウの当時よりもずっと深みとテクニックが光っていました。
2人とも違うスタイルのギタリストだけどそれぞれに魅力的。
あさきちゃんはロックでワイルドなギタリスト。Jakeさんは叙情的でセクシーなギタリスト。
古川さんの声も全く衰えることなく、むしろ声量が増しているパワーハイトーンボイスに仕上がっていたので、過去の曲だけでなく、新たなグニュウの音色を聴いてみたいと心底思いました。

思い出補正を差し引いても、三人がずっとソロ活動で培ってきた経験があったからこそ、素晴らしい2013年版グニュウになっていたと言い切れます。
懐かしいと思い出に浸るだけではなく、生きている音楽に触れた実感も確かにありました。


今回のツアータイトルは「seed than name」だったのだけど、種まきとかそういう意味合いだったのかな、と解釈。
グニュウグニュウ私はいっているけど、ソロ名義でのライブなんだよね。曲は全部グニュウ初期曲だったけど。
嘘みたいに前向きな終わり方をしていたので、ここから種が発芽してにょきにょき育ってほしいな。

今回チケット代は2000円だったのですが、金額は気にしないので次回はワンマンでお願いしたいです(´∀`)
昔みたいなドレスコードもいいなぁw
今なら本気の造形テクを駆使して参加できるし!w鎧だってつくれるぞ!

気まぐれでいいのでたまーに思い出したように活動して貰えたら。。。と願っています。
各々のソロ活動もあることですし。
ちょくちょく活動するなら新曲も考え無いと…みたいな事を古川さんが云っていたそうなので、過剰に期待せず首を長くにょろにょろさせて待っていたいと思います♪

写真は公演後に撮ったあさきちゃんと。
緊張しすぎて左手がガッチガチwwww



ステージで使っていたセットリストをいただきました♪あさきちゃんのサイン入りo(^-^)o
ただ。。Eitherのタイトル。。まちがってるw



あさきちゃんと公演前後に色々お話できて嬉しかったです*^ω^*フランクでノリのいいお兄さんでした。
本当にありがとうございました。

一緒に行ってくれたSたん本当にありがとう。
約10年ぶりのSさんも全く変わらず綺麗なお姉さんでした(*´ω`*)
久しぶりの再会で抱き合って喜べるって幸せだなあ。。と痛感していました。

ずっと止まっていた時計がまた時を刻みはじめた素晴らしい一日になりました。
本当に本当にありがとう!
書きながら何度も噛み締めて泣いたよ。。幸せだよー(´;ω;`)うえーん
スポンサーサイト



コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://haruqui.blog39.fc2.com/tb.php/1400-70ae74c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)